トピックス

2015.02.26

タイズのオリジナル ④オリジナル制作

original2.jpg
「オリジナルウエディング」。


よく見かける言葉ですが、どんな結婚式なのでしょうか。

結婚式をする会場ごとのオリジナリティ ( その場所の独自性 ) は

装飾や演出などの項目で様々な情報から見て取れますが


タイズウエディングのオリジナリティは、それらとは異なるもの。

 

1組1組カスタマイズされた、おふたりごとの唯一の結婚式。

それは、奇をてらった珍しい結婚式ばかりではありません。

 

ここでは、私たちのオリジナリティを

4つのポイントに沿ってご紹介いたします。


 

〇オリジナル制作

結婚式の準備が進んでいく過程、ひとつひとつのアイテムを選択していく中で

既存のものでは「少しイメージが違うな・・・」、そんなこともよくあります。

この場合、一般的には

おふたりが手作りされてお持込される?

制作してくれる企業を探し依頼される?

タイズウエディングでは、

結婚式のアイテムをオリジナルで制作するチームがあり

これが私たちのオリジナリティのひとつでもあります。

 

例えば、会場の装飾やディスプレイやペーパーアイテム(印刷物)。

そして、テーブルクロスやナフキンなど。

通常、細々とした装飾やディスプレイは

もともとその会場にあるか、おふたりが用意されたものを持込み、となります。

ただ、ペーパーアイテムやテーブルクロスなどは

カタログやサンプルの中から選ぶことしか選択肢はありません。

 

私たちの場合は、ウエディングコンセプトやヴィジュアルマップに基づき

ウエディングアイテムを選定いただくのですから

既存のものでそれらを表現出来ない場合は、必要なものを制作する方法があります。

 

最近は、海外のサイトを中心に

素敵なウエディングアイテムの写真を見ることが容易になりました。

そこには、エレガント・スタイリッシュ・ナチュラル・ロマンティック・・・と

様々なテイストのものが溢れています。

そして、それらに共通するキーワードはオリジナリティ。

それぞれの結婚式のためだけに制作されたアイテムであるということです。

 

「ヴィジュアルマップ」で表現されたおふたりの結婚式。

私たちは

イメージやテイスト、カラー、そして質感にこだわっていくと

おのずとそのマップに沿ったアイテムの制作が必要となってくる、と考えます。

 

ヴィジュアルマップの制作チームがデザインするアイテム。

おふたりに選ばれるべきものを十分理解したデザイナーが携わることにより、

その結婚式になくてはならないものを明確にアイテムで表現することが出来るのです。

 

また、おふたりの名前やキーアイテムからロゴを作り、

ウエルカムボードやペーパーアイテムやナフキンに散りばめる。

ゲストがひとつひとつを手に取ってご覧になる度に

「今日のために準備された」という特別感が伝わります。

・・・ゲストに伝えたいメッセージがそれぞれのアイテムとなって表現されている・・・。

まさに唯一の結婚式。

 

 

今回ご紹介した4つのオリジナリティは

一般的な結婚式までの流れの中には、ないスタイルです。

 

「ウエディングコンセプト」を設定し

「ヴィジュアルマップ」を制作し、準備を進めていく。

それらは決して、手間暇のかかる珍しい結婚式だけに必要なものではありません。

それらは、おふたりの結婚式そのもの。

準備の中で様々なアイテムを選択していかれる際の地図なのです。

 

私たちはどんな結婚式も「特別で唯一のもの」と考えます。

それは、規模や場所やアイテムのボリュームで決まることではなく

どんな結婚式も、そうなのです。

だから、地図を作ってからスタートすることの大切さと

それが実現した時の「結婚式をして良かった!」という思いを

味わっていただきたいと考えています。

< 前の記事 トピックストップ 次の記事 >

同カテゴリーの記事

PAGETOP