トピックス

2015.02.06

タイズのオリジナル ①コンセプト決定

concept1.jpg
「オリジナルウエディング」。

よく見かける言葉ですが、どんな結婚式なのでしょうか。

結婚式をする会場ごとのオリジナリティ ( その場所の独自性 ) は

装飾や演出などの項目で様々な情報から見て取れますが

タイズウエディングのオリジナリティは、それらとは異なるもの。

 

1組1組カスタマイズされた、おふたりごとの唯一の結婚式。

それは、奇をてらった珍しい結婚式ばかりではありません。

 

ここでは、私たちのオリジナリティを

4つのポイントに沿ってご紹介いたします。 



〇ウエディングコンセプト決定

結婚式についての思い。

その日に感じたいこと、伝えたいこと、心に留めておきたいこと。

私たちのプロデュースはおふたりが結婚式をされる意味を伺い、一緒に考え、

ウエディングコンセプトを形にすることから始まります。

 

「結婚式をしよう」と決められたとき、

場所・日程・ゲストの顔ぶれ・衣装・そして費用など

第1段階で登場する重要ポイントに頭を悩ませておられるケースがよくあります。

そして、それらの情報を集め検討するだけでは

何が大切で、何を優先させるのか、

混乱することもよくあります。

 

 

タイズウエディングでは、

結婚式についての思いだけでなく、

おふたりの人となりや、周囲の方の人物像など

様々な角度からヒアリングした内容をウエディングコンセプトにまとめます。

 

そして、それは曖昧な言葉だけではありません。

おふたりのコンセプトをヴィジュアルで明確に表現するために

結婚式のイメージ、カラー、テイスト、キーワードを形にした

ヴィジュアルマップを制作するのです。

 

時には、当初のご希望と違う結婚式のスタイルになることもあります。

そう、ウエディングコンセプトの決定は

結婚式に対するイメージや希望が漠然としたものだったり

どこか半信半疑の中で進んできたことを

もう一度精査し確認する機会でもあるのです。

おふたりがそれぞれの中で考えていたことを素直に出し合えたり、

忘れていた大切な出来事や場所を思い出したり、

結婚式とは無縁と思っていた事柄が実は結婚式の中の重要な要素と気づくことで、

考えもしなかったスタイルを見い出せることがあるからです。

 

私たちタイズウエディングの役割は、

まずおふたりにご自身の結婚式の意義を考えていただき

ありとあらゆる思いや情報をヒアリングする中で

それらを結びつけていく、コーディネーターであると考えます。

そしてそれが、

おふたりだけのオリジナリティを実現することに繋がっていくのです。

 

結婚式をする会場も、ウエディングアイテムも

おふたりのウエディングコンセプトを実現するためのもの。

タイズウエディングがプロデュースは

結婚式をする会場も、ウエディングアイテムも

おふたりのヴィジュアルマップ、すなわち

「結婚式の意味」に沿って決められていくのです。

< 前の記事 トピックストップ 次の記事 >

同カテゴリーの記事

PAGETOP