トピックス

2014.11.07

TIES WEDDINGプロデュース【和婚 / 神前挙式:北野天満宮】

kitano1.jpgkitano2.jpgkitano3.jpgkitano4.jpgkitano5.jpg◉おふたりのストーリー
新郎様は元ボクサーというアスリート。新婦様はアパレル会社勤務で海外を飛び回る多忙なキャリアウーマン。シンプルで上質なものがお好きなおふたりの希望は「和婚」。

当初、新郎様のご実家に近い岡山での結婚式も検討されながら、「和婚といえば京都!」、と最終的には新郎家は遠方から駆けつけてくださる、ご親族のみの挙式・披露宴となりました。

◉ウエディングプロセス
おふたりのこだわりは、「プライベート感を大切にしたい」、「挙式は厳粛に、披露宴は大きく雰囲気を変えアットホームに」、「ご親族だけの結婚式だけれど堅苦しくならないように」・・・そんなヒアリングをもとに準備がスタートしました。

挙式をされる神社、そして披露宴会場をいくつか案内する中で、どんどんウエディングコンセプトを実感してくださったご様子。

また、場所やアイテムの選定はいつも直感的で、「これだ!」と思われるものに出会われた時と、「もう少し検討したいな」と考えておられる時が手に取るようにわかることが印象的でした。

アイテムのこだわり。まず衣装は当初から「和装」と伺っていたとおり、白無垢と色打掛でご決定。引出物はご両家の地元の名産を取り入れたもの(新郎様は香川県、新婦様は大阪府)、
そして披露宴の司会進行は新郎のお姉様にお願いされたい・・・、というご希望を軸にひとつひとつ吟味し、全体の見え方、まとまり感を重視されました。

◉ウエディングコンセプト

コンセプト

ふたりを結ぶ、家族を結ぶ、両家を結ぶ結婚式

ビジュアルイメージ

シンプル&ナチュラル

テーマカラー
若草色×オレンジ
キーアイテム 香川&大阪のコラボレーション

日   時 2013年10月
新郎新婦 太郎 & 陽子さん
場   所 京都市
挙   式
北野天満宮
披  露  宴

◉西陣魚新(料亭)
安政2年から続く西陣の老舗。有職(ゆうそく)式包丁の流れを汲み、
御所の大礼にお祝い料理を御用達した由緒ある料亭。

リポート

「挙式は厳粛に、披露宴は挙式とは対照的に両家でお酒を酌み交わす賑やかな
会にしたい」というご希望どおりの結婚式。
北野天満宮の本殿挙式では凛とした面持ちの
おふたりでしたが、披露宴スタートは満面の
笑みでゲストをお迎え。そんなおふたりにゲストも大いにリラックスされ、
会場からサプライズで用意された
鯛の塩焼きで
カット&ファーストバイト、

そしてゲストのお席にて大皿を差し出しおひとりずつに鯛を振舞われたり、

叔父様の唄に合わせ、突如新婦父様が新郎新婦様の番傘を手に見事な「舞」を披露されたり、
アスリートの新郎様に対抗すべく、腕相撲大会ではゲストと新郎様の我を忘れた闘いに
全員が拍手喝采を送ってくださったり。
「親族固めの杯」とはまた違う、ご両家の結びつきが素敵な結婚式でした。

■お申し込み・お問い合わせはこちらをクリック!!

< 前の記事 トピックストップ 次の記事 >

同カテゴリーの記事

PAGETOP